FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歯の数

こんにちわ、鳥居紗和子です

私は歯科医師になってずっとインプラント治療について
勉強させていただいてきたわけなのですが、
おかげさまで歯を抜くことにはとても抵抗があります

もちろん、歯を抜かなければならない場合の治療方法として
インプラントは本当にとても素晴らしい治療法です。

インプラント歯


反面、「自分の歯のすごさ」を痛感する毎日ですので
できる限りはご自分の歯を使ってから、お別れを告げたいわけです

自分の歯は、多少ぐらぐらしてきても、場合によっては
適切な治療を施してやれば、見事な復活を果たします。
(残念ながら不可能なことも多いですが。。。)

インプラントそのものは単純な仕組みですので、
ぐらぐらしてから復活することはできません。

さて、そんな大切な歯。
皆様は何本歯が残っていらっしゃいますか?
ちょっと面白い表がありましたので、ご紹介したいと思います。

パーセンタイルです。

パーセンタイル

年齢と今残っている歯の数の交わったところをみて
平均的に100人中何番目くらいの順位にいるか、を見る表です。
ちょっと古い統計から作ったものですが、指標にはなりますね。

あまり順位のよろしくなかった方がいらっしゃいましたら、
これ以上下がらないようにしっかりお手入れを頑張ってください!

ちょっと心配になった方、医院で歯を健康に保つ秘訣をお教えしますので
一度いらしてみてご相談くださいませ


またこれからも、インプラントの仕組みなど、お話して参りますね!


スポンサーサイト

骨を大事にしましょう④

峯野です。

「骨を大事にしましょう④」のお話をしたいと思います。

前回のブログで↓
http://aj6.blog100.fc2.com/blog-entry-159.html
骨は機能が加わらなくなると、委縮することをお話ししましたが

今回は骨が痩せてしまう、その他要因についてお話したいと思います。

顎の骨が痩せてしまう原因としては

①歯の喪失 

がまず第一に挙げられますが

その他の要因としては
②歯周病
③歯の根の病気(歯の根に病巣ができること)
④歯の破折(歯の根が折れてしまう)

などがあげられます。

②③④はいずれも炎症が起こる病気です。
(その具体的機序にはいろいろな説があり、現在でも世界中で研究され続けています)

炎症が起こると破骨細胞が出現します。
破骨細胞は以前にもお話ししたように、骨の壊し屋ですので、周囲の骨がどんどん壊されていきます。
また歯周病がおこるとその周囲では免疫異常がおこり、自らの骨を自らの免疫細胞が攻撃してしまうという説もあります。

簡単にたとえると(実際は様々な細胞が関わり様々な機序で骨吸収は起こります)

一度骨の中で、火事が起こってしまい、それを消火しないままにしておくと、延焼を起こし大事な骨がどんどん減っていってしまうのです。


「骨の炎症とかけて、火事と解く」


その心は

延焼(炎症)を早期に食い止めましょう。
omo002-thumbnail2.jpg

以上です。最後はまとまりがなくなってしまいましたが、
次回は、骨が減ってしまってからのリカバリーについてお話します

骨を大事にしましょう③

峯野です。
さて、今回は「骨を大事にしましょう③」と言うことで、骨の吸収についてお話したいと思います。

骨というのは適度に機能が加わり、常にリモデリング(修繕・改修)されることで骨は自身のquality(質)quantity(体積)を維持しています。

それでは、骨の吸収はどにような時に起こるのでしょうか?
(アゴの骨と全身の骨に関しては相関があると思いますが、今回はアゴの骨をメインとしてお話します)

まずは、骨に機能が加わらなくなった時、骨は吸収します。すなわちアゴの骨では、歯を抜くと骨の吸収が起こります。

今までは歯から加わる力を支えていた周囲の骨は、力を支える必要がなくなり、骨の吸収(萎縮)をきたします。

sub3_04_1.jpg
イメージ図

左(歯がある下顎の骨)と右(歯がない下顎の骨)では骨の高さが違いますよね。

左と右ではquantityだけでなく、qualityも違います。

前回のブログにて骨の構造をお話しましたが
http://aj6.blog100.fc2.com/blog-entry-147.html
骨の中は歯がない右側では、骨の内部の骨梁(建物内部の梁のようなもの)が少なくなり、中は脂肪で満たされているハズです。

この様に骨が吸収すると中のqualityも悪くなり、インプラントの生着に影響をきたすばかりか、インプラント自体ができない場合もあるのです。

入れ歯を入れる場合も、やはりアゴの骨がしっかりしていた方が安定はよくなります。

次回は、骨吸収の他の原因についてお話します。

骨を大事にしましょう②

こんにちは峯野です。

骨の話②です。
今回はそもそも骨とは・・・についてご説明したい思います。
私たちのからだは206個の骨より成り立っています。
骨の役割としては次のようなことがあげられます。

1. 体を支える働き
2. 脳や内臓を保護する働き
3. カルシウムを貯蔵する働き
4. 血液をつくる働き


骨の構造
0501_convert_20100617124417.jpg

骨の表面は緻密骨(緻密質)と言って非常に硬い構造となっており、内部は海綿骨(海綿質)というスポンジ状の構造して、柔らかい質となっています。

Mhxo931ncmpF2-0_convert_20100617131605.jpg
これは東京国際フォーラムの中からの写真ですが、骨はイメージこんな感じです。
一番表面のガラス張りの屋根が皮質骨、内部の梁が海面骨です。


この内部の海面骨は加齢とともに構造が弱くなっていき、海面骨内部は体と同じくメタボになり脂肪分で満たされるようになります。
まれに骨硬化といって、骨がどんどん硬くなる方もいらっしゃいます・・・。

さて、骨は常に修繕・改修がなされ、からだ(または歯)を支えるだけの強度を維持しています。

修繕・改修の役割をしているのが破骨細胞と骨芽細胞と呼ばれる細胞です。
下図のように、骨は破骨細胞(壊し屋)により壊され、骨芽細胞(修繕屋)により治されているわけです。
030272a_convert_20100617131010.gif

骨折した際に骨が治るのは、骨芽細胞が骨を作ってくれるからです。

逆に歯周病などで炎症が起こると、骨の中に破骨細胞が出現し骨をどんどん壊してしますのです・・・。

次回は顎の骨で起こる、骨の吸収についてお話します。

骨を大事にしましょう①

峯野です。
久しぶりのブログですが今回のテーマは

です。

ago_convert_20100610160920.jpg


大学院より現在に至るまで、骨の再生について大学にて研究しておりますので、骨について何回かに分け御説明したいと思います。


骨というと・・・
歯と関係ないように思われる方が多いかもしれません。


歯にとってアゴの骨はとっても重要なのです。

時として歯よりも重要です。

歯はアゴの骨の中に埋まっており、骨により支えられています。

歯が建物であれば、骨はまさに建物を支える地盤です。

むし歯は建物の一部が劣化または崩壊する病気で、重度でなければリフォームにより修繕できますが、歯周病は地盤そのものがやせてしまう病気で、いわば地盤沈下のようなものです。

どちらが怖いかというと。想像つきますよね・・。
立派な建物があっても、地盤がしっかりしていなければ、まさに

砂上の楼閣


歯周病によりやせた骨は、骨再生処置など高度な処置をしない限り基本的に元には戻せません。

また歯周病だけでなく、歯の根が割れたり、神経の処置をした後のトラブルでも骨は吸収してしまいます。


昔はインプラントという概念がなかったので、歯を支える骨に関してはさほど今ほどは重要視されていませんでした。

しかし、歯が抜けた後の処置としてインプラントが多用される現在では

骨の重要性がとっても高まっています。


ここで整理しておきますが

インプラントとは・・・

インプラントとさし歯と混同する方がいらっしゃいますが、さし歯は自分の残った歯の根の上に被せ物をする方法です。
いわば接ぎ木と同じです。

インプラントは歯が完全になくなって、骨の中にチタンのスクリューをいれる方法です。
いわば建物の鉄筋!?と言ったところでしょうか。

①さし歯
ill1.gif

②インプラント
implant_convert_20100610154837.gif


長くなってきたので今回はここまでとします。

次回は、そもそも骨とは・・・基本的構造を及び骨の成長・萎縮を中心にお話したいと思います。

歯が割れてしまうことも・・・

歯科衛生士の小澤です
昨日の水曜日は新美先生の担当です。

日曜日に急患でいらした患者さん、痛みと腫れがありました。

治療で腫れや痛みはだいぶ良くなりましたが・・・残念ながら歯を抜かなくてはならないのです。

なぜかというと!!
歯の根っこが割れてしまって、炎症を起こしているのです。
歯の根っこが骨の中で割れてしまっているのです。
割れた歯の周りの炎症のあるところは、骨が吸収されてなくなってしまいます。
こうしている間にも、じんわりじんわり骨の吸収は進んでしまうのです。
こわいですね

むし歯や歯周病で歯を失うことは耳にすると思います!!
しかし、歯が割れてしまうことで歯を失うケースもとっても多いのです!!

なので…
私たちは最初に来院された患者さんには、歯の構造と歯の中心にある神経の大切さについてお話しています。

神経をとってしまった歯は、木で言うと「枯れ木」です。
栄養や水分が通うことがなく、みずみずしさを失った歯になってしまいます。
そんなもろくなった歯に、硬くて大きなかぶせ物を被せたとします・・・
どうなるでしょう??
噛む力が強い人は、特に注意です!!
歯が割れてしまうのです

しかし、見た目で歯がもろくなるわけでもありませんし、割れていても見て分かりづらく理解しにくいのです。

昨日の患者さんも「早く抜かなくてはいけないのですか?理解はしたのですが、なかなか決められない・・・」とおっしゃっていました。抜いた後にインプラントを植えることを考えると、早く抜いて骨の吸収を少しでも少なくすることが大事です。

この患者さんも悩んでいる様子です。最良な治療ができることを願っています。


新美先生と紗和子先生が、この患者さんのことについて話し合っている様子です。

CIMG3662_convert_20100610145428.jpg


当院では、セカンドオピニオンならず・・・10人の先生で情報・意見を出し合いチームで診ています

顧問の星野先生インプラント監査の藤森先生のバックアップもあります。

最新のレントゲン機器、初診時の検査・診断、分かりやすいスライドを活かしています。

どうぞ、お気軽に「他の先生の意見も聞きたい!!他の先生と話してみたい!会ってみたい!」お声かけください。
納得のいくまで丁寧にカウンセリングいたします。

スタッフインプラント治療紹介

こちらをクリック

「昨日まで、総入れ歯が合わなくてご飯が食べれなかったのに…」

入れ歯
今の入れ歯に満足していますか?
歯が1本もないからといってインプラントを諦めていませんか?


お喋りしていると、入れ歯がおちる
食べたいものが食べれない
などなど、入れ歯に悩みはつき物ですよね

総入れ歯だし、もうしょうがない・・・と、諦めている方も多いのではないでしょうか。
かといって、歯が一本もなければインプラントも無理だろう・・・
そう、諦めている方に是非見てもらいたいインプラント手術

先週の日曜日にありました。

上が総入れ歯・下は部分入れ歯の患者さん  (70代男性

上の総入れ歯が合わず、「食べずらいし喋りずらい」とおっしゃっていました。
あまりにも、ご飯が食べられず、栄養失調になりかけたこともあるそうです。
ご飯が食べれない…なんて辛いことなのでしょう。

普通上のあごには歯は14本生えています。

・・・・・まさか14本インプラントを!!!!????

と、思わないで下さい。

インプラントは4本ですみました。

all-on-4-1-6.gif
この写真から想像がつきますか?

4本のインプラントで14本の歯を上あごに固定してしまうのです。

こうすることで、入れ歯の不安定さも、面倒だった付け外しも、解消されます。

普通のインプラント手術とは異なり、手術したその日から固定された仮歯でご飯も食べれます。

手術中の様子です↓↓
ope2_convert_20100525050059.jpgope1_convert_20100525050027.jpg

手術をしているのは、峯野院長と紗和子先生です。初めて見る手術に緊張しているのは私だけで・・・・・・

朝10:00 患者さん来院 「おはよう!」  特に不安などもないご様子でした
     
     体調を聞き、血圧・脈拍・体温などを測定 

     抗菌薬を飲んでいただく
 10:30 インプラント手術スタート
 
     2人の先生ともに、いつものインプラント手術と変わらない様子で着々と進める

 12:00 インプラント手術終了
     
     麻酔をしているので患者さんは全く痛みもなかったようで、
うがいをしたら電話をかけに立ち上がっていきました。あっけにとられてしまいました
外科的な手術はここまでなのですが、これからが長いのです!!!!入れ歯を作ったことのある方は経験したことがあると思うのですが、これからかみ合わせの調整が必要なのです。その人の体に調和したBESTなかみ合わせにするために、ここからは繊細な作業に移ります。この間、患者さんに負担をかけることはありません。入れ歯の調整となんら変わりのないのですが、いればと違うのは「とりはずせない」こと!入れ歯は合わなければはずしてしまえばいいのですが、インプラントで固定し体の一部にしている以上、ここで手を抜くわけにはいかないそうですここからは、峯野院長が一人で奮闘してくれました(お昼も食べずに・・・)

16:00  ついに完成!
     今まで上あご全体を覆っていた入れ歯が突然、元の自分の歯だけになったので
     逆になんか落ち着かないなぁ・・・笑
     そんなに心配してなかったけど、全然大変じゃなかったよ。じゃぁね
!」

      と、これから楽しそうな予定があるみたいで、早々に帰られました。

時間にすると6時間かかってしまいますが、今まで何十年と苦労してきた入れ歯と6時間でおさらばできると思えば短いものですね。

もちろん今の歯は仮歯なので、これから本格的な歯を入れますが、

17:30  おそらく、ご飯をおいしく食べているころだと思います




すごく時代は進歩しているのだなぁ・・・と感心し、
その翌週、大学のインプラント科に実習にいったところ、
おんなじ手術を大学で行っていました。

私にとって麻布十番歯科は、ミニ医科歯科大学です

日曜日 佐藤 瑞希
プロフィール

AJ6悠秀会

Author:AJ6悠秀会
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。